2010年12月30日

ふりかえる:NNI編

2010年の活動を振り返るNNI編でございます。
それじゃーいってみよー。

■今日も彼は金髪のハツカネズミと愛を語るのに忙しい
2010年一発目の曲。
ニコニコ動画にアップした物はヒーリングPのボーカルでエロカッコいい感じ。
上のMP3は仮歌用に録ったワタシのボーカル版。せっかくなのでお蔵だしw
ワタシがアップしてる曲の中では数少ないマイナー調の曲。
バンドで曲を書く時は大抵マイナー調だったので実はマイナー調の方が作るの得意。
DTMをやる上ではそれまでやってなかった事をやろう、という意識で意図的にメジャー調の曲を多く作ってきたけど、2009年の後半あたりから徐々に解禁した記憶。

■らららる
初めて自分で作った曲を歌って世に出したのがコレ。
そういう意味でボカロ+NNIっていう今年の活動スタンスを方向付けた曲と思う。
上の金髪のハツカネズミで歌メロを作るとき、人間の歌えるメロディラインを作らなければと思い、それまでピアノロールで打ち込みながら作っていたメロディをららら〜っと歌って作るようになったので、以降の曲は比較的自分でも歌える様になったのが大きい。
やっぱり打ち込みでメロディを作るとどうしても音域が広くなりがちでなかなか歌いにくいんですな。ボカロ曲ではワタシに限らずよく見られる現象。

■ルーシーの気持ち
この曲も2010年の新しい試みの一つで、その時スッと出てくる音やフレーズをすばやく形にする、という某P風に言えば初期衝動的な曲の作り方。
以降「夏茜」「オールデイ」と踏襲されていくスタイル。
例えばシンガーソングライターの人が、ぱっと思い浮かんだ事を、じゃかじゃーんとギターを弾いて歌にしてしまうようなそういう感覚。
とりとめもない感じだけれど、そもそも音楽を作るというのは言葉で表現しきれない何かを形にする作業だとワタシは思うので、何かしら雰囲気的な物が感じられればそれでいいのだと思う。

■ブルースが恋しくて
6月9日ロックの日にアップしたロックンロール調のバラードっぽい曲。
今聞くと左のカッティングギターが激しいなぁと思うけど、あんまりしっとりしすぎるのもどうなんだ、というそういう捻くれた考えがあったんだと多分思う。
去年はキャプミラさん、テンネンさんと組んでボスへ捧げるロックンロールを作ったけれど、きっとボスもそんなものは1度やれば十分だと言うはずなので、今年は私的な事を歌わせてもらいました。
周りを見るとなんだか色々悩ましげな人たちが多かったので、そんなけしからん人たちを叱咤する思いで歌詞を書いた記憶。説教くさい。

■夏茜
今年の夏は本当に暑かった。そんな暑い夏の日にふと窓の外を見たらとても綺麗な夕焼けだったので、その時感じた気持ちを書きとめた曲。
初めてアコースティックギターの録音に挑戦。
夏場の録音はPCのファンノイズをもろに拾ってしまうので難しい。
歌を録る時、ワタシの声が小さいのもあって、プリアンプのゲインを上げるとノイズの影響が酷かったのので外部の録音機器を使って録ったりと大変だった。
イントロとアウトロに入れている蝉の鳴き声がなかなかコレっていう音がなくて探すのが結構苦労した記憶。

■世界が君に恋したら
これは色々大変だった。
ニコニコにアップしたヤツはミックスで色々失敗しててMP3はこっそり修正版。
自分で歌いながら考えた歌メロにもかかわらず、いざ歌詞を載せて歌ってみるとこれがなんとも難しく今思い返しても苦笑い。二度と歌いたくないw
そしてボカロ版を作る段階になって、歌の感じがボカロではなかなか表現しきれずこれまた色々苦労させられた記憶。
どうしてもボカロの、特に初音ミクの淡々と歌声だとこういうメロディラインはどうも盛り上がらない感触。最近買ったmikiに歌わせてみたらコレが意外とマッチしてもっと早く買ってれば!と最近ちょっと後悔w
曲自体はそれなりに気に入ってるかな?

■くちづけ
これはなんとなくギターを弾いていたら出来た曲。ギターがメインで歌はおまけ。
ペンタトニックスケールを使った非常に古典的な古臭い曲調だけど、なんかこれは凄く好きな事をやれた!という充実感があった。
ソロでワウペダルを踏むという新しい試みにも挑戦できたし。後半のリードギターなんかは拍無視でむちゃくちゃ弾いたり、本当に好きかってやった感じ。
反面歌は結構大変で、サビなんかの力強く歌う感じはワタシの声質もあってちょっと厳しさがうかがえて泣ける。

■白日ノイズゲート
ヒーリングPとのユニット「THE PINK RABBITS」によるミクスチャ系の曲。
ワタシにしては凄く歪んだギターでハードな雰囲気。テンポも速くてドラムも激しい。
こういう曲調はワタシ一人でやっていたら絶対作らない曲調なので、ユニットならではのテイストになったのではないかなーと。
曲調にワタシの声が合うか不安だったけどなんとか形にはなったかな?
THE PINK RABBITSは今後も地味に続けていく予定。

■オールデイ
これは先日アップしたばかりなので特に思い返す事もないのだけど、なんだろう、仕事納めの日に帰宅中、今年一年はどんな一年だったかなーってそんな事を考えていたのがきっかけだった気がする。
こういうのは曲調的に言えばワタシの音楽遍歴とは遠い所にあるんだけど、好きなことが必ずしもベストな事とは限らないというか、ワタシが歌う以上そこはやっぱりワタシの声に向いた感じと向かない感じがあると思うし、その中でこれ系は非常にナチュラルにやれる部分ではあるように思います。


そんな訳で、今年1年の活動をボカロ編とNNI編に分けて振り返ってみました。
こうしてみると結構色々挑戦した年だったのかなぁ?
スタンスとしては人と向き合うというより、自分との向き合う比重が多かった気もします。
来年はどんな年になるのかな?今から楽しみです。
皆様一年間ありがとうございました!
posted by K440 at 13:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。